ヘアースタイル

薄毛ハゲの種類は9つ!自分の症状を特定しよう

薄毛やハゲといっても、それは一時的なものなのか、もしくは遺伝子的な要因なのかなど、
薄毛の種類によって、さまざまな症状があります。

薄毛ハゲに悩んでいる方は、まずは自分の症状を特定し、それに合った最適なケアを行っていくのが理想的です。

続きを読む

ハゲ(薄毛)の原因を学ぶ!効果的な薄毛対策をしよう

薄毛に悩む男性のほとんどがAGA(男性型脱毛症)による薄毛だと言われています。
AGAでの薄毛が、実に90%以上。
とんでもない数値です。

まず、ハゲる原因を知るために、
ご自身の薄毛がAGAなのか、もしくはその他の外的要因なのかを把握しておく必要があります。

なぜならば、AGAかそのほかで行うべき薄毛対策が変わってくるからです。

  続きを読む

髪の毛を成長させるには睡眠が大切!ストレスも薄毛につながる

薄毛や抜け毛で悩んでいる人はまずは、良質な睡眠をとることを心がけましょう。

肉体や脳みそが睡眠で回復するように、
髪の毛も睡眠によって、回復を図るのです。

髪の毛は、大気にあるホコリや紫外線などでダメージを受けます。
また、シャンプー後にリンスをしないと、髪の毛はかなり痛みます。男性の中にはシャンプーのみで、入浴を終わらす方もいますが、
やはり抜け毛薄毛対策にはリンスを使うのは効果的です。

そして
そのダメージを回復させるためには、
バランスの取れた食事(ミネラルが効く!)と、睡眠が非常に大切になってきます。

また、ストレスも抜け毛や薄毛の天敵です。
十分な睡眠をとることはストレス削減にもつながり、髪の毛の成長をサポートします。

髪の毛が最も成長する時間帯は、夜の22~2時あたりだと言われています。
これは身体の疲労も一緒。この時間帯に寝ると、回復効果が期待できるわけです。

続きを読む

毛の周期!ヘアサイクルを理解してハゲ薄毛対策を!

毛には周期がある

髪の毛は細胞分裂を繰り返して、作られます。

そして、髪の毛には一定の寿命があり、一般的な人間の場合、約2~6年だといわれています。

この周期のことをヘアサイクルといい、周期にそって、髪の毛は生えて、それが抜け落ちていくのです。

 

一番長いのが成長期

まず、髪の毛が一番元気で成長する時期が成長期です。

毛周期の中では最も長く、毛の太さや長さが成長していく期間です。

 

うぶ毛から軟毛、硬毛へと成長を遂げていきます。

 

髪の毛へ栄養素を送る必要があるのは、この成長期です。

バランスの取れた食事や十分な睡眠をとり、髪の毛に栄養を送ってあげましょう。

 

退行期で毛球が収縮していく

成長期がおえると、次にやってくるのが退行期です。

期間でいうと、2~3週間ほど。

成長はほぼ終わった状態。

髪の毛が成長しなくなり、生えたままの状態が続きます。

そして、毛母細胞は髪の毛から分離しはじめて、髪の毛が弱まっていきます・

 

成長が完全に止まった休止期

退行期2~3週間が経過すると、次は休止期に入ります。

休止期は約3か月間ほど。

休止期では、髪の毛の成長は完全に停止し、抜けるのを待つ状態になります。

 

終期で髪の毛が抜ける

最後の終期に入ると、髪の毛が抜けます。

次の髪の毛が生え始める。準備期間ともいえるでしょう。

 

 

薄毛の場合は成長期~退行期の期間が短い

毛の周期には、成長期→退行期→休止期→終期があります。

この周期で髪の毛は作られて生えてくるを繰り返すわけですが、

薄毛の場合は成長期と退行期のサイクルが短くなってしまっているのです。

この期間が短いと、髪の毛が十分に育つ前に抜け落ち、さらに毛穴が浅くなって髪の毛が細くなるという悪循環になってしまうのです。

 

一度、薄毛になると、なかなか治らないのはこのせい。周期による乱れのため、一度、崩れてしまうと改善するのが難しいわけです。

 

ハゲ・薄毛を克服するためには、

短くなってしまった成長期と退行期を正常な期間に戻す必要があるわけです。

 

 

 

ハゲの原因となるジヒドロテストステロンは男性ホルモン

男性の髪の毛の悩みといえば、ハゲ薄毛。

ここでは、男性の宿敵であるハゲ薄毛を引き起こしているそのメカニズムに迫ってみましょう。

まず、ハゲ薄毛の原因となっているのが、男性ホルモンの一種が、毛髪の成長を阻害しているからです。

 

通常は、男性の体内で生成されているのは、筋肉の増加や性欲の上昇、骨格の成長に作用する「テストスタロン」という男性ホルモン。

そして、このテストスタロンという男性ホルモンには、薄毛を引き起こす働きはありません。

 

しかしこのテストスタロンが、還元酵素「5αリダクターゼ」という物質の働きにより、「ジヒドロテストステロン」という別の男性ホルモンに変換されてしまいます。

この「ジヒドロテストステロン」こそが、薄毛を誘発する男性ホルモンなのです。

 

ジヒドロテストステロンは、薄毛以外にも、筋力アップを邪魔したり、精力低下を引き起こします。

つまり、男性のさまざまな老いは、このジヒドロテストステロンによって引き起こされているのです。

 

カッコいい、モテる男をキープするためには、

このジヒドロテストステロンを体内から除去させるのがベスト。

 

そして、ジヒドロテストステロンを作り出す

還元酵素「5αリダクターゼ」には、Ⅰ型とⅡ型の2種類が存在します。

 

ハゲ薄毛の原因となるのは、Ⅱ型の働きです。

Ⅱ型は、頭頂部や前頭部など、毛乳頭付近に多くあるため、

ハゲ薄毛の原因となるのは、Ⅱ型だといわれています。

 

髪の毛は、毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで成長します。

しかし、Ⅱ型があるとテストスタロンをジヒドロテストステロンに変換してしまい

細胞分裂を抑制してしまい、新しい髪の毛が生えてこなくなってしまうのです。

 

 

そのため、

ハゲ薄毛の予防として、

「5αリダクターゼ」Ⅱ型を抑制するというのが一般的なのです。

 

「5αリダクターゼ」Ⅱ型を抑制するためには、

育毛剤などの利用に加え、日々の生活習慣を改善することです。

 

薄毛の原因をまずはしっかりと覚え、

予防や改善方法を行っていきましょう。

 

ポマードで髪型をキープ!おすすめヘアースタイル

ポマードを使ったヘアースタイルを世界中からピックアップしました。

ポマード+クラシカルヘアーで、男らしさを演出!古き良きアメリカンなバーバースタイルをみていきましょう。

 

現在の海外のトレンドヘアスタイルは、やはりショートのツーブロックヘアーが人気です。ただ、ツーブロックといっても、何種類かあります。

1、ポンパドールオールバック
2、ロングトップ
3、スウィングバンク

これらが、現在流行中のツーブロックのヘアースタイル。

スタイリングはもちろん、ポマードを使うのがオススメ。

ポマードに櫛とドライヤーでガッチリ固めます。

さて、それでは早速、海外のポマードを使ったツーブロックヘアーをみていきましょう。

 

ポンパドールオールバック

オールバックのようですが、トップはリーゼント風にやや立ち上げているヘアースタイル。完全に寝かしつけるのではなく、トップに空気感を出してボリューミーな雰囲気にします。

ポンパドールヘアーとは、元々はヨーロッパの貴族女性の間で流行したヘアスタイルです。前髪を膨らませて、ボリューム感を出した髪型がフランスのルイ15世などの間で人気となりました。

そのポンパドールに似ているため、
こうした名前がついています。

海外では、多くのファッショニスタ達が、このポンパドールオールバックにしています。

例えば、デイビット・ベッカムやジャスティン・ビーバーなど。

 

スタイルング剤はドライヤーとポマードを使うのがオススメです。

 

ポンパドールヘアー

ポンパドールヘアー

ポンパドールヘアー

引用:http://www.menshairstyletrends.com/

 

 

 

ロングトップ

ツーブロックロングトップは
別名「バーコードヘア」とも言われており、
サイドはツーブロックにしておき、トップを長めにするヘアースタイル。トップは横に流して、一部を前髪に垂らすのもポイントです。

海外ではジャスティン・ビーバーなどがこの髪型ヘアースタイルにしています。
ツーブロックロングトップ

引用:https://i.pinimg.com/originals/1e/76/26/1e76264f36540fc9c48aa7ba0aa84d61.jpg

ツーブロックロングトップ

引用:https://xtreeem.com/I0011577

スウィングバンク

スウィングバンクといわれているヘアースタイルも最近人気のツーブロックヘアー。前で述べたポンパドールやロングトップは、髪の毛全体を前から後ろにもっていくヘアースタイルでしたが、このスウィングバンクは、後ろから前にもってくるのがポイントです。
全体的には前垂らし気味の印象になっています。
サイドは、フェードっぽく刈り上げてもかっこいいです。

スウィングバンク

引用:http://www.menshairstyletrends.com/

ポマードとは?ツーブロックやクラシック七三ヘアーに最適

クラシカルスタイルにピッタリ!ポマード活用

世界中で人気となっているクラシカルはヘアースタイル。ベッカムやEXILEのメンバーなど、世界中の芸能人やモデルの多くがツーブロックやオールバック、ネオ七三などのクラシカルなヘアースタイルをしています。

 

このようなクラシカルなヘアースタイルをキープするためには、

ヘアーワックスやヘアージェルではなく、ポマードを使うのがオススメです。しかも最近はさまざまなポマードが発売されており、クラシカルなヘアースタイルにツヤを与え、セクシーな印象を与えることができます。

 

 

ポマードには水性と油性の2種類がある

そもそも

ポマードとは、ヘアスタイリング剤、整髪料の一つで、ワックスやジェルよりも古くからありました。

その歴史は古く、1900年初頭にはスタイリング剤として主にアメリカやヨーロッパなどで使われていました。

 

ここ日本でも1920年にポマードが初めて開発されました。その商品が柳屋ポマード。今もなお販売されているロングセラー商品となっています。

ポマードには、油性と水性の2種類があります。

油性ポマードの場合は、熱には弱いものの、湿気に強いのが特徴的。しかし、水で洗い流しにくいため、お風呂の時などは非常にやっかいです。

今流行しているのは水性のポマード。
油性ポマードとは逆のつくりになっており、熱に強いのが特徴。また、水に溶けるため、シャワーで簡単に洗い落とすことができます。

油性ポマードは油を加工せずにそのままの状態で製造されます。一方、水性ポマードは水素で添加した油をメインに製造しているのが大きな違いです。

 

ポマードでツヤを出しセクシーな印象に!

 

一般的にポマードは団塊世代の人、おじちゃんが使っている整髪剤というイメージがあります。

 

実際に、大正時代に生まれた柳屋ポマードも、昭和の終わりころになると、出荷数は減っていき、

若者の間では、ポマードを使わず、ワックスやジェルなどでスタイリングするのが一般的になってきました。

 

 

しかし、昭和レトロ、アメリカンクラシカルなヘアースタイルが人気となっているいま、ポマードにも注目されています。

 

しかも、
最近のポマードは、あの独特な臭いのする「おやじポマード」とは大きく違います。

最近のポマードは、あの独特なおやじ臭もせず、
女性からも支持されるような、女性ウケのよい爽やかな香りがするものも少なくありません。

また、パッケージも渋く、とってもオシャレ!

ポマードを使うと、髪の毛に男らしいツヤが出せます。ジェルのようにガッチリと固まらずに、それでいてウエットな感じがでるため、セクシーな印象になります。

また、ポマードをベースに、グリースやワックスやジェルとMIXさせてスタイリングする方法もあります。

最近人気のバーバーでも、
スタイリングにポマードを使っているところが多いです。

ツーブロックやオールバックの髪型を作るためには、ワックスやジェルではなく、ポマードを活用しましょう。