ハゲ(薄毛)の原因を学ぶ!効果的な薄毛対策をしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛に悩む男性のほとんどがAGA(男性型脱毛症)による薄毛だと言われています。
AGAでの薄毛が、実に90%以上。
とんでもない数値です。

まず、ハゲる原因を知るために、
ご自身の薄毛がAGAなのか、もしくはその他の外的要因なのかを把握しておく必要があります。

なぜならば、AGAかそのほかで行うべき薄毛対策が変わってくるからです。

 

AGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)とは、髪の毛が抜けてしまう病気のようなものです。
頭の生え際や頭頂部の毛が、毛のサイクル周期の乱れや異常によって、しっかりと毛が生える前(毛が成長する前)に抜け落ちてしまう症状です。
ハゲの原因のほとんどが、この毛のサイクル周期の乱れによるAGAだといわれています。

AGAが深刻化すると、短い髪の毛が目立ち始め、そしてそれは次第に悪化。
産毛のような細かく短い毛ばかりになります。

睡眠不足やたばこなどの不規則な生活習慣によるもの

睡眠不足やバランスが崩れた食生活、ストレスなどによっても薄毛は進行します。
まずは睡眠不足から。
人間というのは、睡眠時に成長ホルモンが分泌され、身体はもちろん、髪の毛の疲労回復や成長につながります。
しかし、睡眠をおろそかにしている人や、睡眠時間の乱れが起きている人は、この成長ホルモンが分泌されず、
髪の毛や頭皮のダメージを回復できません。

しっかりと睡眠をとり、なおかつ睡眠時間を規則的にすることを心がけましょう。

続いて、偏って食生活による薄毛についてです。
脂の多い食事や高コレステロールの食事ばかりを食べていると、皮脂の分泌が増え、頭皮に影響を与えます。
髪の毛の成長にもダメージがでるので、薄毛ハゲ対策するには、しっかりとしてバランスのとれた食生活を心がけましょう。

また、亜鉛不足は薄毛の天敵です。
亜鉛は髪の毛を成長を促す、重要な栄養素。
亜鉛不足にならないよう、ホウレン草やレバーなど、亜鉛が豊富に入っている食事を摂取するのもハゲ薄毛対策には効果的です。

次は、タバコです。
タバコに含まれるニコチンは、毛細血管を収縮させて、血流が悪くなります。
頭皮の血流にも影響がでて、栄養素をしっかりと毛根に届けられないようになってしまいます。

また、たばこを吸うと、ビタミンCが大量に消費されてしまいます。
ビタミンCは水に溶ける水溶性のビタミンの1つ。
ビタミンCはコラーゲンを生成します。そして、コラーゲンは毛細血管を活発化させます。

つまり、たばこによって、ビタミンCが奪われると、コラーゲンが作られなくなり、そして頭皮の毛細血管に悪影響を与えるというわけです。

ストレス

仕事や家庭の悩みなどで、ストレスを抱えている人は少なくありません。
この現代社会は、とにかくストレスがたまる社会です。
しかし、ストレスをかかえこむと、薄毛になる可能性があるので要注意です。

ストレスは、自律神経を乱します。
そして、毛細血管の収縮や内臓機能の低下などが起こってしまうのです。

毛細血管の収縮や、内臓機能の低下により、
本来、髪の毛が育つために必要な栄養素を摂取することができなくなり、
薄毛につながってしまう可能性があります。

常日頃からストレスを解消するための発散方法を作り、
さらに思考方法を変えるなどして、ストレスを抱えないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*