ナイキNIKE×オフホワイト ジョーダン1の偽物の見分け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナイキ(NIKE)×オフホワイト(OFF-WHITE)のコラボスニーカー「THE TEN」の中でも、
トップクラスの人気をほこるのが、エアジョーダン1コラボ。

現在は、

・Jordan 1 Retro High Off-White Chicago(シカゴカラー)
・Jordan 1 Retro High Off-White White(ホワイトカラー)
・Jordan 1 Retro High Off-White University Blue(ユニバーシティブルー)

の3カラーが世界で発売されています。

オフホワイト ジョーダン1 偽物
ちなみに、Jordan 1 Retro High Off-White White(ホワイトカラー)はヨーロッパ限定モデル。
ここ日本では、まだ発売されておりません。

いずれのモデルも、大人気でプレ値が付いています。
特に一番最初にリリースされたシカゴカラーは、現在30~40万円ほどの値段で取引されています。

また、最新モデルとなる「Jordan 1 Retro High Off-White University Blue(ユニバーシティブルー)」も、ドンドン価格が上がっており、今後はさらにプレ値となること間違いありません。

そこで
今回は、このJordan 1 Retro High Off-White University Blue(ユニバーシティブルー)の本物と偽物を見分ける方法を紹介しましょう。

オフホワイト ジョーダン1

当然のことですが、
偽物フェイク品にも品質が違い、作りがかなり雑なものもあれば、本物なみの品質のスーパーコピーも存在します。
そのため、あくまで参考レベルで記事を読んでいただければと思います。
それでは、実際に出回っているJordan 1 Retro High Off-White University Blue(ユニバーシティブルー)のフェイク品をチェックし、
本物との違いを検証します。

オフホワイト ジョーダン1

全体の構造は、本物もフェイク品もかなり似ていますね。特にパネルカット部分は、フェイク品も精巧に作られている印象を受けます。
強いていえば、スニーカー側面に入っている文字のテキストプリントが、本物に比べて偽物は、若干大きくプリントされています。一見では識別できないレベルですが、違いはあります。

オフホワイト ジョーダン1

OFF-WHITE×NIKEのコラボスニーカーには、
オフホワイトのデザイナーである”VIRGIL ABLOH(ヴァージル・アブロー)”ならではの遊び心のあるデザインが採用されており特徴となっています。
Jordan 1 Retro High Off-Whiteには、側面にテキストが印刷されているのですが、ここに本物とフェイク品で違いがあります。

本物は、VIRGIL ABLOH(ヴァージル・アブロー)ならではの独自的な滲みインクでテキストを印刷しています。その一方、偽物フェイク品は、そのテキストが滲みなく、綺麗に仕上がっているものがあります。

ただ、オフホワイト×ジョーダン1 UNCの場合は、スーパーコピーのフェイクに関して言うと、この滲みプリントを真似るほどの技術。
オフホワイト×ジョーダン1の偽物を見分ける方法として、側面のテキストプリントの確認は、あくまで1つのポイントとして見ておくのが良さそうですね。

オフホワイト ジョーダン1

続いては、ヒール部分の下の青いパネルに注目しましょう。本物と偽物では、素材やテクスチャが異なっているのが分かりますか。
偽物の方が、素材感がペッタリしており、凹凸に欠けたデザインになっています。

オフホワイト ジョーダン1

オフホワイト×ジョーダン1のミッドソールには、「AIR」の文字が印刷されています。
このAIRプリントですが、フェイク品の場合は、本物にくらべて、印刷が荒い印象を受けます。インクが滲んでいたり、はみ出していたりするのです。

オフホワイト ジョーダン1

エア・ジョーダン1の象徴となる翼とバスケットボールがプリントされたロゴ。Jordan 1 Retro High Off-White University Blueにも、印刷されていますが、偽物と本物ではここに違いがうまれやすいです。インクが違ったり、滲みが生じていたりします。

オフホワイト ジョーダン1

続いて、翼ロゴの後ろに印刷された「85」の数字プリント。偽物のこのプリントは、インクがより黒く、潰れている印象です。また、このベロ革の素材も、偽物と本物では異なっているものがあります。

オフホワイト ジョーダン1

最後に、付属品の違いを。
「オフホワイト(OFF-WHITE)×ナイキ Jordan 1 Retro High Off-White University Blue」は、これまでのシカゴカラーやホワイトカラーと違い、スニーカー本体を保護するための透明シートがシューズボックスの中に入れられています。
この透明シートに印刷されている文字に違いがあるものがあります。
偽物は、本物に比べて、フォントが違うのと、印刷が異なっているものがありますので、そこをチェック。

オフホワイト ジョーダン1

また、本物は付属のシューレースが、むき出しでシューズボックスの中に入れられていますが、
偽物の中には、シューレースを袋などで包んで入れているものもあります。

本物は、シューレースがむき出しで入れられている。
これを覚えておきましょう。

今回は、
ナイキ×オフホワイトのコラボスニーカー「「Jordan 1 Retro High Off-White University Blue(ユニバーシティブルー)」」の本物と偽物フェイク品を見分ける方法を紹介しました。
偽物フェイク品はモノによって、作りになかり差があります。参考までに、上で紹介したポイントを確認し、偽物を購入しないよう注意しましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*