Supremeのボックスロゴ<偽物の見分け方>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今や世界中のファッショニスタに愛されるブランド「Supreme(シュプリーム)」。

ルイヴィトンやオフホワイトとのコラボアイテムもリリースし、発売日には店頭に大行列ができ、購入できる倍率は凄まじいほど高いです。

ここ日本でも、芸能人やモデルが着用しており、
インスタグラムをみれば、Supremeを着用したオシャレなインスタグラマーがたくさんいますね。

そんなSupremeの代名詞で象徴ともいえるのが、
ボックスロゴ(BOX LOGO)のアイテムです。

フーディやTシャツなどの胸元に「Supreme」と入ったあのアイテムは、プレ値が多いSupremeアイテムの中でも特に人気で、特に価格が跳ね上がっているプレ値アイテムです。

1着数十万円の「Supreme」ボックスパーカーやボックスTシャツもザラにあります。

そんな、Supremeのボックスロゴのアイテムですが、
人気であるがゆえに、偽物フェイク品も多数流通しています。

一見で「これ、完全にパチモンだろ」と分かる粗悪品もあれば、
巧妙なつくりのS級偽物アイテムも存在します。

そこで、今回は、
Supreme(シュプリーム)のボックスロゴの偽物フェイク品の見分け方をご紹介!

ボックスロゴ(BOX LOGO) フーディの刺繍

supreme ボックスロゴ 偽物
引用:インスタグラム(Supreme_educations)

パーカーやトレーナーの場合は、ボックスロゴは刺繍です(Tシャツの場合は本物もプリントです)。そのため、ボックスロゴがプリントであれば、偽物だと思ってよいでしょう。プリントの粗悪フェイク品はアジア諸国(ここ日本でも明らかな偽物として)で数千円で売られています。プリント粗悪品は、誰でも一発で偽物と分かるレベルです。

本物のBOX LOGOの刺繍は、かなり丁寧に縫われています。その分、刺繍部分は固め。裏面をみて、糸くずが出ているなど、雑な刺繍の場合は、偽物フェイク品になります。
また、フェイク品は本物と異なるフォントになっていたり、ボックス部分の刺繍部がはみ出していたりします。
さらに、
裏側からSupremeのボックスロゴ部分に紫外線をあてると、以下のようにフェイク品はフォントの間に隙間ができているのが分かります。

なお、Supremeの赤タグについては、個体差があるため、あまり参考になりません。

supreme ボックスロゴ 偽物
引用:インスタグラム(Supreme_educations)

ちなみに、日本国内での正規品の場合は、
値札タグは、購入時にスタッフに半分切り取られるため、半タグになっています。

ただし、海外の場合は全タグの場合もあります。

もし、国内正規購入といううたい文句で、全タグになっている場合は、フェイク品の可能性が高いです。

さらに、フーディの場合、紐の形をチェックすべき。
ボックスロゴパーカーの本物正規品は、平べったい台形のような形になっていますが、フェイク品はまん丸だったりします。また、妙に紐が長い偽物もありますね。

あと、首タグもチェックすべき箇所です。
偽物は本物に比べて、2つのタグが近いものがあります。

supreme ボックスロゴ 偽物
引用:インスタグラム(Supreme_educations)

以下は、Supreme×COMME des GARCONS(コムデギャルソン)のコラボTシャツの首元のロゴです。
やはりこちらも、フェイク品の場合は2つのタグが近いのが分かりますね。

supreme 偽物
引用:インスタグラム(Supreme_educations)

ここでの見分け方は参考レベルにしておいてくださいね。
中には、本物と全く一緒のスーパーコピー品もあります。

また、リリースシーズンによっても、つくりが異なるため、
差異が出てきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*